アイキャッチ画像

期間工の採用基準年齢はどれぐらいまで?40代、50代は採用されるのか?

若い人よりも中高年が多く働く期間工では、50代でも働くことができる職場もあると言われています。

もちろん若いほど採用される確率が高いです。私は自動車業界の経験者であったことが幸いして40代でも採用されたと思っています。

最近デンソーで期間従業員を勤めましたが、職場には50代の期間工もいらっしゃいました。この方から直接聞きましたが経験者(デンソーで言うリピーター)でした。基本的に経験者は採用時優遇されているのは、間違いありません。契約期間内、キッチリと勤めあげているかというところも大事です。

どのぐらいの年齢まで働くことができるのでしょうか?年代別に期間工として働く際のポイントを紹介しましょう。

求人票の採用年齢

期間工の仕事は、年齢制限が設けられているものは少なく、満18歳以上なら誰でも働けるという求人が一般的です。

男性でも女性でも働くことができますし、メーカーによっては女性の割合がとても高い職場もあります。

また、経験者や溶接工、玉掛けやフォークリフトなどの有資格者なら40代から50代という年齢でも採用される際に不利になってしまう事が少ないため、その点ではどんな年代でも働きやすい仕事と言えるのではないでしょうか。

ただし、求人票にそうした年齢制限はなくても、何を作っているメーカーなのかによって体にかかる負担は異なります。その点は注意した方が良いでしょう。

多くのメーカーでは、いくつかの配属先があり、明らかに40代以上や女性にとってはキツイと思われる配属先に意図的に配属するということはありません。

若い人に向いている配属先もあれば、中高年向けの配属先もあり、その点は考慮してもらうことができるので安心してください。

一般的に、年齢を重ねると膝が痛くなったり腰が痛くなったりするものです。

期間工の仕事は、どの配属先でも基本的には一日中立ちっぱなしの状態で働くので、それだけで腰が痛くなってしまうというのでは、残念ながら向いていないかもしれません。

しかし、立ち仕事でも問題がなければ、年代に関係なく働ける職場はたくさんあります。

10代~20代

10代~20代は、期間工として働く人の年代別の中でも、多くいます。

期間工として働いている人はいますが、この年代は社会人として特定のスキルを持っていなくても転職しやすい年代ですし、正社員として求人募集が出されているものにも応募して採用されやすいため、短期間だけ期間工として働いた後は、そのまま正社員として登用されるか、別の仕事に正社員として採用されるという人が多いようです。

特に10代~20代で期間工として働きたい場合には、目先の高収入につられずに、長期的なキャリアを見据えたうえで決断するようにしましょう。

なぜなら期間工の仕事は特定のスキルが身についたり、転職に役立つスキルが身につくというわけではないため、その後の転職が難しくなる傾向があるからです。そのためできれば長期的な目的を持ったうえで、期間工として働くことをおすすめします。

30代

期間工として働いている30代はたくさんいます。

この年代は体力的にも恵まれているため、期間工の仕事に応募すると、体力的にハードな部門に配属されることが多いようです。もちろん、面接の際にあまり体に負担がかからない部署への配属を希望すれば、考慮してもらうことは可能です。

期間工として働く人材は、一般的には年齢層は高めです。そのため、30代で期間工として働き始めても、職場では現職の正社員の高齢化の為、かなり若い部類に入るのかもしれません。

30代は年齢を重ねるほど、転職することが難しくなってしまう年代でもあります。

そのため、期間工として働いている間に正社員登用のチャンスがあれば積極的に挑戦したほうが良いですし、他の職場でもより安定した仕事を見つけるための努力は欠かせません。

期間工の仕事はだいたい、同じ職場で3年を超えて働くことはできません。

そのため、正社員登用の試験に不合格の場合には、任期満了に伴って別の仕事を探さなければいけなくなります。その点をよく考えた上で働くことが必要になるでしょう。

40代

期間工として働く40代は結構いらっしゃいます。ただ、この年齢層になってくると工場勤務や二交代制の経験の有無が重要視されてきます。

一般的には40代になるとなかなか転職がしにくくなるため、40代で一般企業の新人というとかなり高い確率で不採用になってしまいます。

しかし、今すぐに働くことができて高収入を得ることができる期間工の仕事は、生活をつなぐためにはとても便利な働き方と言えます。

この仕事は、基本的に求められる高難易度スキルはありませんが、メーカーによっては特定のスキルや経験があると時給面で優遇してもらえることがあります。もしも期間工で働くのに役立つスキルを持っている人は、仕事探しの際にはそうした部分を考慮しながら仕事選びをしましょう。

40代が期間工として働く際には、いくつか注意したい点があります。それは体が資本の仕事なので、体調を崩したり怪我や病気になると、解雇されてしまうという点です。

40代は体にいろいろな不調が出てくる年代でもあり、若い頃と同じように無理をする事はできません。そのため、期間工として働く間に正社員登用のチャンスがあるのなら、ぜひ積極的に挑戦して、より待遇が充実した正社員として働くことをおすすめします。

50代

期間工の仕事では、50代の方でも働いています。この年代は、どのような仕事においても転職することが難しくなりますし、かといって定年退職するには早すぎます。

それに健康上の問題がなければ、体力的にもまだまだ元気に頑張れる年代です。

50代に入ってレイオフされてしまい、転職先がなかなか見つからず当面の生活を支えるために期間工として働くことを選択する人はたくさんいます。50代でもメーカーによっては採用してもらうことができますし、それほど珍しいことではありません。

例えば自動車部品メーカーのデンソーでは、60代じゃないの?という人でも期間工として働いているという情報があるほどです。

50代は定年に近い年齢ということもあるため、メーカーによっては正社員登用の可能性は限りなく低いです。正社員登用するメーカーとしても、年齢的に難しい所もあります。もしも正社員として働くことを希望する場合には、そのあたりをチェックした上で仕事探しをするのがおすすめです。

結論

期間工の仕事は、自動車メーカーや部品メーカーが増産体制である場合ニーズが多い仕事で、基本的には年齢不問で健康な人なら誰でも働くことができます。

どんな部品を取り扱う仕事なのかによって体力的な負担が異なるため、あまり体にかかる負担が多い職場はNGという人なら、40代~50代でも活躍できる職場や、女性が多く働いている職場などを選ぶのが良いでしょう。

面接時に、どんな部署が良いかの希望をリクエストすることもできます。年齢が高い人をあえて体力的にハードな部署へ配属することはないとは一概に言い切れませんが、考慮してはくれるはずです。

期間工の仕事は、多くのメーカーで正社員登用のチャンスがあります。年に2回ほどチャンスがあり、試験に合格すれば正社員として働けるわけですが、50代になると大企業と言われるメーカーほど、正社員としては登用しない会社もあるので正社員を希望するなら事前に確認しておいた方が良いでしょう。

もちろん待遇面では、劣りますが中堅メーカーぐらいですとわずかに望みがあるかもしれません。

またこの仕事は法律によって、同じ職場で3年以上働くことができない(一部4年11ヶ月 約5年)というルールになっているため、正社員として登用されない場合には、3年の契約期間満了に伴って別の仕事を探さなければなりません。

40代・50代にとっては、転職先を探すと言っても簡単に見つかるわけではないので不安になりますが、正社員登用のチャンスがなかった人は、別の期間工の仕事を探すという選択をする方が多いようです。

同じ40代の方で、自前で居酒屋を経営していて、潰してしまったので、デンソーに来ていた人がいましたが、雇い続けてくれる限りしがみつくと言ってました。

特に秀でたスキルがなく先が見通せないなら、それも選択肢の一つかもしれませんが、私なら2年11ヶ月のフル満了の間に貯蓄したお金で自営の道を模索すると思います。

アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!