アイキャッチ画像

期間工や派遣をどうしても辞めたい場合の対処法

期間工として採用はされましたがどうしても仕事の内容が合わずにやめたいという方は、それなりの一定数いらっしゃると思います。

以前に一度デンソーを辞めていった人たちのケースをいくつか上げて投稿しましたが 、やめたいと言う理由については本当に人それぞれ違うものです。

もちろん私も辞めたいと感じた職場をたくさん経験しています。やめたいと思うに至ったことの大きかった事例を上から順にあげてみたいと思います。

人間関係でやめたかった

私はパーセンテージ的にこの事例が最もより大きな割合を占めていました。

価値観によって人には合う合わないといった棲み分けができてしまうものですが、嫌な人間と時間を共有し合わなきゃいけないということは私にとって最も苦痛でした。

人の特性としてどうしても周囲で嫌いな人間というものを作り上げてランキングしてしまうため多分誰しもが体感したことがあると思います。

私は特に知性がない、合理性がない、教養がない、人を思いやれない脳筋タイプとは一番関わりたくないのですが、得てして期間工という職場はどうしても学歴不問という前提であるためこういうタイプの人間と仕事をしなければなりません。

こういう場合は最短で切り上げる(期間満了まで我慢して はい さようなら) ようにしてきました。

我慢が限界という場合は直属の上司に相談してみましょう。

過去の投稿を読んでもらえれば分かりと思いますが、デンソーでは私は反対班に鞍替えしました。

女性は周囲が男性層ばかりだとセクハラに悩まされる環境に陥る原因でもあります。とにかく男性側は嫌悪感を与えないよう努めるべきです。

ただし逆の事例もあります。女性ばかりの職場で男性がポツンと一人だと集中攻撃をくらってイジメまわされるという空恐ろしい話も伺ったことがあります。

職場の労働環境が劣悪

大企業の場合はそれなりにお金をかけて生産技術者が作業工程を作っていますので怪我や危険の少ない割合が高いはずですが、中にはとんでもない速さやタフさが要求される工程があります。

それに順応するように努めて頑張りましたが、体がおかしくなったという経験はいくどかあります。まず股関節が悲鳴をあげたことがありました。

まともに歩行できなくなった期間がありましたが慣れとは恐ろしいもので1ヶ月を過ぎた頃には足の具合もだいぶ良くなりました。

その他には疲労骨折です。何度も同じ場所を打ち付けるので真っ黒くなった後に骨折してることがわかりました。

力を入れると激痛走るのでサポーターをしてなるべく力を入れずに済むようにテクニックでカバーしながら仕事を続けました。休みはしませんでした満了金や慰労金が惜しかったので。

きつくて体力的に続かない 

地方に帰ってきてのことですが、個人事業主を廃業した後、短い期間、派遣で自動車の部品工場に行った時の事です。

ここは小さな部品ではありませんでした。金型で成形射出される部品は今までにないほど重たく挙句の果てにいろんな工程をたらい回しにされました。

これは組み立てとはまた別の違った意味できつかったです。金属部品は1枚ならそう重たくないのですがそれが何層にも重なっているやつを分けて手持ちで運ばなければならなかったのはめちゃめちゃしんどかったです。

部品工場と言って侮るなかれ。そういう教訓でした。

作業指導が適当 間違っていないのか心配だった

上記で書いたところを短期間でやめて別のところ紹介された時のことです。

今度は樹脂成形の工場でしたが、作業要領などマニュアルはなくとにかく適当でした。

どうすればいいのか分からない時などは普通呼び出しをすれば各工程の対応者が来てくれるのも普通なんですがここは呼び出しても誰も来ません。

こんな工場があるんだと結構驚きました。

トイレに行きたい場合など、どうしろというのでしょう。

よくこんなので成り立ってるなと驚愕しました。ヤバイ感満載だったのでここも早々に切り上げました。 

寮で二人一部屋

現在はプライベートやプライバシーが尊重されてますので、今ではまず聞きませんが20年ほど前、一つの部屋を二人で共用すると言う寮に入ってました。

一応有名な完成車両工場です。基本的にこの二人は反対班どうしで組み合わされており、片方が仕事に行っている間、片方が部屋で休むというスタイルでした。

ただ休日になると部屋で一緒に過ごさなきゃいけない場合もあります。親密にはなるんですけどね。

私は同じ県の少し年上と一緒でいくらうるさくてもどんな場所でも寝れるから大丈夫だよと気を遣ってもらってました。

こういう場合はいいのですが、相方がとんでもない人間だと喧嘩にまで発展しているようでした。

ですので相方が満了で辞める時期をみて辞めないと次に入ってくる人によっては自分にも災難が及ぶかもしれないので延長するかどうか非常に悩みました。

この時は短い期間で延長が可能だったのでタイミングを見計らって満了しました。

退職代行という手を使う

会社側からして一番厄介なのは無責任なタイプです。 特にバックレ。

何の連絡もなしに突然職場に行かなくなるというのは、周囲からして大変迷惑な行為です。

ただあまりブラックな環境、上司が相談できないほど嫌なタイプ、周りに味方は一人もいないので切り出しづらいなど、どうしても逃げ出したい場合が発生することもあります。

こういった期間工ガチャや派遣ガチャで失敗した場合、自分が消耗するよりも退職代行を使うというのも現代人の選択肢だと思います。

とにかくヤバいと感じた場合はそれなりの手を打つことも肝要です。 

アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!